Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/kitaho/www/news/news.php on line 68

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/kitaho/www/news/news.php on line 69

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/kitaho/www/news/news.php on line 70
社団法人仙台北法人会 社会・経済のうごき@しんぶん
社会・経済のうごき@しんぶん
バックナンバー
2018年12月04日号

IMF、日本のGDPは今後40年で25%減

国際通貨基金(IMF)が発表した「日本経済の年次審査報告書」によると、日本は高齢化による人口減少により実質国内総生産(GDP)は「今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」と指摘していることが分かった。IMFは日本の労働人口に占める外国人の割合は2%程度で世界でも最低水準にあることを指摘したうえで、「労働力を確保して成長を持続させるため、外国人労働者の受け入れ拡大などを選択肢として検討するよう」に求めている。



今冬、エルニーニョで世界は高温傾向に

世界気象機関(WMO)は12月から来年2月にかけて、南米ペルー沖で本格的なエルニーニョ現象が発生することに伴い、アジア、欧州、北米などの世界の広い範囲で高温傾向が予測されると発表した。WMOの気候パターン分析では「今後2ヶ月ほどで勢力を増し、12月から来年2月には75~80%の確率で本格的なエルニーニョに発達する可能性がある」とみている。前回発生した2015~16年には強力なエルニーニョにより、記録的な高温や世界各地に洪水やハリケーンをもたらした要因となった。



2018年度税収、過去最高額に迫る

2018年度の一般会計での税収額が60兆円前後に増えて、これまで過去最高額となったバブル末期の1990年度の60兆1059億円にまで拡大する見通しにあることが分かった。景気が回復基調にあることが背景にあり、来年度は10月からの消費税率引き上げにより、税収は62兆円と過去最高を更新することが確実視される。しかし、高齢化の進展で社会保障費は膨らみ続けてきており、財政健全化への道のりは不透明な状況にあることは否めない。



大卒初任給、過去最高の20万6700円

厚生労働省の賃金構造統計調査によると、2018年の大卒初任給は前年比0.3%増の20万6700円になったことが明らかになった。5年連続で過去最高を更新し続けてきている。政府では「景気回復や人手不足を背景に賃金の上昇傾向が続いている」とみている。大卒以外の初任給では、大学院修士課程修了が同2.3%増の23万8700円、高専・短大卒が同1.2%増の18万1400円、高卒が同1.9%増の16万5100円となっている。



マイナンバー、「カード取得せず」が過半数

内閣府が社会保障と税の共通番号(マイナンバー)に関する世論調査をしたところ、「個人カードを取得していないし、今後も取得する予定はない」とする回答が53.0%と過半数になることが分かった。今年10月で制度施行から3年が経過しているものの、「カード取得しない」理由(複数回答)では、「必要性が感じられない」(57.6%)が最も多く、「身分証明書になるものが他にあるから」(42.2%)、「個人情報の漏えいが心配だから」(26.9%)が続いた。



「元号」と「西暦」の使用希望派は拮抗

読売新聞社が行った全国世論調査で、「ふだんの生活や仕事で元号と西暦のどちらかを使いたいか」と尋ねたところ、「元号を使いたい」は50%で、「西暦を使いたい」は48%となり、ほぼ拮抗していることが分かった。年代でみると、40歳以下は「西暦を使いたい」が多いのに対し、50~60歳は「元号」と「西暦」がほぼ同じ割合となり、70歳以上では「元号を使いたい」が6割を超えていた。また、今回の調査で、「天皇陛下に親しみを感じている」と回答した人は81%に上った。



無形遺産に日本の「来訪神」10件が決定

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は「男鹿のナマハゲ」など日本の8県10件の行事で構成する「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に決定した。鬼の仮面や仮装などをした異形の「神」が家々を回り、厄災を取り除いて幸福をもたらすとされる、日本の伝統行事だが、今回の決定で、これらが世界的評価を得たことになる。日本の無形文化遺産登録は2016年に決定された「山・鉾・屋台行事」(京都などの18府県)以来、2年ぶりとなる。



子育て世帯の理想年収は1000万円

明治安田生命が0~6歳の子どもがいる子育て世帯を対象に、理想の世帯年収を尋ねたところ、平均で夫年収が759万円、妻年収が270万円の合計1029万円であることが分かった。しかし、現実の世帯年収は平均で夫年収が606万円、妻年収が149万円の合計755万円で、理想とのギャップは2割強ダウンの274万円だった。子育てにかかる費用は、平均月額3万9240円で、負担が大きいと感じるものは(複数回答)、「保育園・幼稚園代」(61.0%)が最多だった。



トップへ